お正月 和紙の縁起物 鏡餅 F00-HY008

¥ 1,430

お正月ならではのモチーフを集めた 「ふくら お正月シリーズ」。
鏡餅は「その年の豊作を祈願し、新しい門出を祝う」という意味があり、昔からお餅は「晴れ」の際に食べられ、福の源とされる神聖な食べ物です。豊作や健康への願いが込められています。

「ふくら」は、古くから日本でおめでたいとされているカタチを和紙で立体に成型した小物入れです。文字通りふっくらとして手のひらやポケット、カバンの中などにさりげなく納まるサイズです。

お正月のぽち袋として、お金を入れて子供達に渡すのはいかがですか?
昔ながらの和柄からモダンなデザインまでお好みに合わせて選んでいただけます。

サイズ:W79×H98×D12

*This item will be delivered on 2/3(Wed) at the earliest.

*Tax included.

*Additional shipping charges may apply, See detail..

About shipping fees

The shipping fee for this item varies by the shipping method.
  • Yamato Transport

    Your delivery status can be checked online.

    Shipping Fees are the same all over country inside Japan ¥ 900

*Japan domestic shipping fees for purchases over ¥ 10,000 will be free.

単品と2種・3種桐枠を購入すれば、オリジナルの組み合わせが可能です。

単品には、取り付け用の台紙が付いていますので、お好きなふくらを組み合わせて、オリジナルの2種飾り・3種飾りが作れます。季節に合わせて、願い事に合わせてお好みの組み合わせを楽しんでください。

桐枠はオプションより購入いただけます。

ふくらを桐枠に貼り付ける際は、スティックのりなどで軽く止めてください。

越後「小国和紙」の手漉き和紙が原料

新潟県長岡市小国町は雪の多い年は3m以上積もる豪雪地域。「小国和紙」は、冬の副業として江戸時代から作られてきました。100%楮(こうぞ)を原料として、繊維が長くたいへん丈夫なことが特長の和紙です。新潟県で有名な白根の大凧合戦の和紙として、また新潟県長岡市の有名な酒蔵のラベルなどにも使われています。
その原料の和紙をひとつひとつ型で成型して作られる手づくりの商品です。

お願いごとを入れておく楽しみ

「ふくら」の裏は小物を入れられるふたがついています。お守りやおみくじ、アクセサリー、お金、匂い袋など自分だけのお願いごとを入れておくことができます。手のひらサイズなので、ポケットやカバンの中などに大切な願いをいつも身に付けておくことができます。

Related Items
  • 梅染め F00-UM011
    ¥ 1,430
  • 梅の花 F00-UM005
    ¥ 1,430
  • お正月 和紙の縁起物 富士山 F00-MA006
    ¥ 1,430

Reviews of this shop